全国の高校生に向け、
慶應義塾大学法学部の講義を
動画配信(無料)で紹介します。

全国の高校生に向け、
慶應義塾大学法学部の講義を
動画配信(無料)で紹介します。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という福澤の言葉は有名です。では彼が、「法は万人が学ぶべきものである」と述べたことは知っていますか。

150年前に日本の国家や社会のあるべき設計図を描いた『学問のすゝめ』を通して、福澤の「法学のすゝめ」を一緒に考えてみましょう。

租税は、国家にとって必要な資金を調達する手段として必要不可欠である反面、租税を支払う納税者にとっては苦労して稼得した自分の財産の一部を奪う忌むべき存在です。

皆さんが、国家活動に携わる場合、または、企業経営者となる場合を想定して、GAFA等が行っている大規模かつ巧妙な合法的税逃れスキームを分析してみましょう。

16世紀イタリアに生きたマキアヴェッリから近現代の政治学は始まった、といわれます。けれども彼の本は、「愛されるよりも恐れられよ」「加害行為は一気に行え」など「炎上」すること間違いなしの台詞で満ちています。

お世辞にも道徳的とはいえない、こうした言葉を手がかりにして、政治と政治を学ぶことの意味を考えてみましょう。

人の移動がグローバル化する中、日本には公式な移民政策がなく、世界的にも難民の受け入れ人数が少ない国として知られています。

異なる文化をもつ他者と共に生きるためには、何が必要なのでしょう。ここでは5年前の「難民危機」で、シリアなど中東諸国から多くの難民を受け入れた国々を例に考えていきます。

着工決定に半世紀の時間を費やした三峡ダムは、なぜ最終的に決定されたのか? 推進したアクターは? 治水と発電どちらを優先? 百万人もの立ち退きの捉え方は? 利害関係の調整は? 安全保障や環境問題などのリスクをどう考えたか?

…様々な観点から、三峡ダム研究の追体験をして、自分なら決定を下すかを考えてみませんか?

見間違いや記憶違い、解釈のすれ違いはなぜ起こるのでしょうか? こうした問いに自然科学の手続きを用いて説明を与えることは心理学の大きな目的のひとつですが、法や政治を考える上でも重要です。

本講義ではこれらの「違い」を生む心の働きについて、身近な事例を題材に、簡易な実験を交えながら解説します。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」という福澤の言葉は有名です。では彼が、「法は万人が学ぶべきものである」と述べたことは知っていますか。

150年前に日本の国家や社会のあるべき設計図を描いた『学問のすゝめ』を通して、福澤の「法学のすゝめ」を一緒に考えてみましょう。



租税は、国家にとって必要な資金を調達する手段として必要不可欠である反面、租税を支払う納税者にとっては苦労して稼得した自分の財産の一部を奪う忌むべき存在です。

皆さんが、国家活動に携わる場合、または、企業経営者となる場合を想定して、GAFA等が行っている大規模かつ巧妙な合法的税逃れスキームを分析してみましょう。



16世紀イタリアに生きたマキアヴェッリから近現代の政治学は始まった、といわれます。けれども彼の本は、「愛されるよりも恐れられよ」「加害行為は一気に行え」など「炎上」すること間違いなしの台詞で満ちています。

お世辞にも道徳的とはいえない、こうした言葉を手がかりにして、政治と政治を学ぶことの意味を考えてみましょう。



人の移動がグローバル化する中、日本には公式な移民政策がなく、世界的にも難民の受け入れ人数が少ない国として知られています。

異なる文化をもつ他者と共に生きるためには、何が必要なのでしょう。ここでは5年前の「難民危機」で、シリアなど中東諸国から多くの難民を受け入れた国々を例に考えていきます。



着工決定に半世紀の時間を費やした三峡ダムは、なぜ最終的に決定されたのか? 推進したアクターは? 治水と発電どちらを優先? 百万人もの立ち退きの捉え方は? 利害関係の調整は? 安全保障や環境問題などのリスクをどう考えたか?

…様々な観点から、三峡ダム研究の追体験をして、自分なら決定を下すかを考えてみませんか?



見間違いや記憶違い、解釈のすれ違いはなぜ起こるのでしょうか? こうした問いに自然科学の手続きを用いて説明を与えることは心理学の大きな目的のひとつですが、法や政治を考える上でも重要です。

本講義ではこれらの「違い」を生む心の働きについて、身近な事例を題材に、簡易な実験を交えながら解説します。

受講までの流れ

1. 申し込みフォームに記入して送信する。
2. 送信後「ようこそ」メールが届く。(次の2つの情報が記載されています。)

・講義サイトのURL
・アンケートフォームへのURL
1. URLにアクセスする。
2. 模擬講義の動画が表示されるので、希望の講義をクリックして受講する。

動画が視聴できるのは2020年7月30日〜9月14日です。この期間、何度でも視聴できます。講義はすべて受講しても、興味のある講義だけを選択して受講しても結構です。
1. 講義を全て(または選択した講義を全て)受講し終えたら、アンケートフォームにアクセスし回答を記入して、送信する。

アンケートフォームの送信は1回だけ行ってください。
1. 申し込みフォームに記入して送信する。

2. 送信後「ようこそ」メールが届く。
(次の2つの情報が記載されています。)

・講義サイトのURL
・アンケートフォームへのURL
1. URLにアクセスする。

2. 模擬講義の動画が表示されるので、希望の講義をクリックして受講する。

動画が視聴できるのは2020年7月30日〜9月14日です。この期間、何度でも視聴できます。講義はすべて受講しても、興味のある講義だけを選択して受講しても結構です。
1. 講義を全て(または選択した講義を全て)受講し終えたら、アンケートフォームにアクセスし回答を記入して、送信する。

アンケートフォームの送信は1回だけ行ってください。
受講料
無  料
動画配信期間
2020年7月30日〜9月14日
申し込みの締め切り
2020年8月31日
連絡先
慶應義塾大学法学部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45

※土曜日・日曜日・祝日のお問い合わせは翌平日以降の回答となります。
※2020年8月1日(土)から8月10日(月)は夏季休業いたします。
休業期間中のメールでのお問い合わせに対する回答は、2020年8月11日(火)以降となります。
ご不便をおかけいたしますが、あらかじめご了承ください。

E-mail:keio-hou@adst.keio.ac.jp

受講料
無料
動画配信期間
2020年7月30日〜9月14日
申し込みの締め切り
2020年8月31日
連絡先
慶應義塾大学法学部
〒108-8345東京都港区三田2-15-45

※土曜日・日曜日・祝日のお問い合わせは翌平日以降の回答となります。
※2020年8月1日(土)から8月10日(月)は夏季休業いたします。
休業期間中のメールでのお問い合わせに対する回答は、2020年8月11日(火)以降となります。
ご不便をおかけいたしますが、あらかじめご了承ください。

E-mail:
keio-hou@adst.keio.ac.jp

申し込み
申し込み

慶應義塾大学法学部のカリキュラム体系

img

慶應義塾大学法学部は、法律を専門に学ぶ法律学科と、
政治を専門に学ぶ政治学科の二つの学科にわかれています。

両学部とも、法学、政治学、人文科学、自然科学、外国語を有機的に結び付けて、
インターナショナルな舞台で活躍できる
「スペシャリスト」兼「ジェネラリスト」を育成する多彩な講義を用意しています。

慶應義塾大学法学部の
カリキュラム体系

慶應義塾大学法学部は、
法律を専門に学ぶ法律学科と政治を専門に学ぶ政治学科の二つの学科にわかれています。

両学部とも、法学、政治学、人文科学、自然科学、外国語を有機的に結び付けて、
インターナショナルな舞台で活躍できる
「スペシャリスト」兼「ジェネラリスト」を育成する多彩な講義を用意しています。