学部案内PDF

学生インタビュー

新入生に聞きました。慶應法学部ってどんなとこ?

慶應義塾大学法学部を受験しようと思ったきっかけは?


Nさん僕は小学生の頃から、弁護士や裁判官といった法曹に憧れがありました。具体的に慶應義塾大学の法学部を意識したのは、母校に指定校推薦の枠があると知った高3の頃です。調べれば調べるほど魅力的で、ここしかないと思いました。

Kさん 僕が慶應義塾大学の法学部を目指したのは高1の頃です。小さい頃、海外で暮らした経験があり、もともと日本の中より世界に目を向けることが多かったので、国際関係論を学びたいと考えました。いろいろ調べていくうちに、慶應義塾大学は国や地域を限定せずに学べると知りました。もし入学後に自分の興味が変化したとしても、柔軟に学びを続けることができるところに魅力を感じました。

Mさん私は漠然と法について学びたいという思いがありました。なぜかというと、身近な問題や社会問題を考えると必ず法律を避けて通ることはできないと気づいたからです。あらゆる事象の根源につながる法を学んだら、将来、自分がものごとを考えるときに役立つと思いました。慶應義塾大の政治学科を選んだ理由は、選択できる科目の幅がとても広いことに魅力を感じたからです。自分が興味をもって学びたいことを、その道の第一人者の先生に学ぶことができ、しかももっと深く追求できる環境はほかにないと思いました。また子どもの頃「アラジン」の物語がとても好きでアラビア語に興味があり、慶應法学部にアラビア語科目が設けられていたのも大きな魅力でした。入学後は、アラビア語のレギュラーコースと、中国語のインテンシブコース(※)を選択して学んでいます。実際、大変ですが、とても充実しています。
(※レギュラーコースは週2回授業、インテンシブコースは週4回授業)

慶應義塾大学法学部に入学してみてどうでしたか?

Nさん新型コロナウイルス感染拡大の影響で、授業の多くがオンデマンドになり、思っていた以上に影響があったなという印象です。ただ、例えば、テストの直前に見直して復習ができるなど、オンデマンドにはオンデマンドの良さもありました。自分のライフスタイルに合わせて大学の授業を活用するという新しい学びの形を見出すことができたと感じています。授業の内容自体も、法を学び始めたばかりの僕にとってはレベルの高い内容で、ついていくのが精一杯。一歩一歩くらいついている状況です。

Kさん大学の授業が90分と聞いて、そんなに長時間集中できるのかと不安に思っていたのですが、実際に授業を受けてみると、面白くて時間が足りないくらいです。「国際政治基礎」という授業をオンラインで履修しているのですが、質問タイムにかなり難しい質問が飛び交っていて、毎日毎回新たな発見があり、刺激になっています。人数は少なくても深くつきあえる友人ができたこともオンラインでの交流の効果です。

Mさん大学では自分が好きな授業を選んで受けられるので、すごく自由だなと感じています。授業のレベルは高いけれど、興味があることなので、努力し続けられるというか。たしかにオンデマンドやオンラインの授業も多かったのですが、対面授業を受けたい人は対面の授業ばかり選ぶこともできるという自由さがあります。しいて言うなら、“ザ・大学生”みたいな大教室での授業がなくなってしまったのが、少し残念でした。

どんな授業が印象的でしたか?

Nさん体育の授業で「自動車」を選択しました。日吉校舎の一角に自動車部の敷地があって、そこでマニュアル車の運転をするというもので、難しかったけれど、とても楽しかったです。「刑法」の授業では、「どのような場合にどのような刑罰があるのか」を覚える授業かと思っていましたが、理論的に考える力を培う学問なのだということがわかりました。

Kさん印象的だったのは、「国際政治基礎」と「フランス語」です。「フランス語」は、既習クラスで勉強しています。2年生と一緒に受講していることもあって、レベルが高くて驚いています。1コマ1人のペースで、フランス語でプレゼンをするのですが、かなり長い時間話さなければいけないんですよね。周りのレベルが高いので、自分も切磋琢磨しながら、フランス語の能力を磨いているところです。

Mさん私は「リーダーシップ基礎」という授業がすごく印象的でした。リーダーシップ関連講義がオムニバス形式で行われ、「交渉学」「対話学」などを学びました。学年学部を超えて学生が集まる授業で、自分が発表者となって議論する時はとても緊張し、課題も大変でしたが、とても勉強になったし、楽しかったです。何よりそこで出会った先輩方にすごく刺激を受けました。大学1年生の最初に選択して良かったなと思っています。

学外・学内を問わず打ち込んでいることは?

Mさん私はインターンに行っています。高校生の頃から行っていて、インターン募集をしてない企業にも勝手に連絡してアタックしたりしました。現在も、コンサルタントやメディアなど複数の企業に行っています。やりたいことがたくさんあるので、一つずつ経験して、自分に合うものを探している感じです。経験する中で、自分には大企業で働くよりもベンチャーなどのほうが向いているかなと思い始めています。

Kさん僕は、軽音のサークルに入って、バンドを組んで演奏活動をしています。担当楽器はキーボードです。家のピアノで練習したり、スタジオに集まってみんなと練習したりしています。頻繁ではないですが、ライブもできました。

Nさん大学からダンスを始めたんです。今、大学のダンスサークルに入って活動しています。4月から6月くらいまでは、オンラインで先輩からダンスを教わるような活動でしたが、夏休みくらいから日吉の集会所をお借りして練習ができるようになりました。三田祭のステージにも出演することができたんです。これから例年通りの活動ができるのではないかと、とても楽しみにしています。

大学生活で心配なこと、チャレンジしたいことは?

Mさん自分のやりたいことが多すぎて、バランスがとれるのかなということが、一番心配なことです(笑)。あとは大学生活の中で一度は、自分一人でイチから何かを成し遂げてみたいなと考えています。

Kさん日々の生活が高校生のときとあまり変わらないと感じているので、これからはもっと大学生らしいことをしていきたいなと思っています。自分は人と同調して行動することに苦手意識があるので、大学生活の中でより多くの人に刺激を受けながら学んでいければいいなと考えています。

Nさんサークルの活動が楽しすぎて、勉学のほうがだいぶおろそかになってしまっているので、それが本当に不安です(笑)。今、宇宙法に興味が向いてきて、今後、取り組んでいこうかと思っています。

慶應義塾大学法学部の受験を考えている方へメッセージ。

Mさん政治学科は自分の好きなことを追求している個性豊かな友達がいっぱいできるし、尊敬できる教授にも会えるし、自分自身、好きなことをとことん追求できる環境だと思います。楽しくて充実した学生生活を送りたい人は、ぜひ一緒に勉強しましょう!

Kさん将来、何をやりたいか決まっていない人や、社会や人の役に立ちたいと思っている人には、世界の様々な視点でものごとを学ぶことができるので適していると思います。将来の道筋が見えてくると思いますよ。

Nさん法律学科は、専門的な知識をもつリーガルマインドを培うにはすごく適している場だと思います。でも、必ずしも弁護士になるための場ではなくて、培ったリーガルマインドをもって社会のあらゆる分野に羽ばたいていく場でもあります。学習意欲の高い仲間もまわりにいるので、皆さん、ぜひ来てください。


きらり輝く

法律学科 B さん

議論を追求する。これが私が法学部を選んだ理由であり、受験生のみなさんに法学部をお勧めしたい理由です。
私はKeio Debate Squadというサークルに所属していて、即興型英語ディベートに打ち込んでいます。そして、2019年1月に南アフリカ共和国で行われたWUDCという世界最大の大学世界大会ではEnglish as Foreign Language部門優勝という快挙を成し遂げ、2019年度の塾長賞を受賞するに至りました。
1回戦でオックスフォード大学のエリートと対戦するなど非常に刺激的な大会であり、議論を通じて脳が汗をかくほど頭を使う事自体も成長を感じ大変楽しかったです。「世界のトップレベルのエリートと同じ土俵で戦うこと、そしてその中で切磋琢磨し世界の頂を見る事」という貴重な経験をできたことは一生大事にしたい記憶の一つとなりました。
日本では「屁理屈」という単語の存在が象徴するように議論や理屈を嫌いますが、これは日本の発展を阻害している文化だと感じます。未来の日本を担っていく我々は世界と戦える議論力と理屈をこねる力を身に着けなくてはなりません。
ゼミでは田村次朗先生のもと、交渉学、リーダーシップ、独占禁止法、国際競争法を学んでいます。とりわけ、交渉学、リーダーシップに関してもっと学びたいと思い、現在オーストラリアのメルボルン大学に交換留学に来ており、マネジメントを中心に組織論について学んでいます。
法学部法律学科では多様な人間と関わることができるので、変化に富んだ刺激の多い生活を送ることができます。また、法律学そのものが紛争の解決をもとにしたものが多いので、議論を大事にする文化があり、議論する力を高める事ができるのです。
法学部には留学のチャンス、世界で活躍する教授などそこにしかない機会がゴロゴロ転がっていて、可能性は無限、これを活用すれば一生の武器となります。


政治学科 Kさん

私は應援指導部に所属しています。新入生の私は、何かに本気で打ち込みたい、そんな思いを持っていました。高校では競技のチアダンスを行い、大会等にも出場していましたが、大学では自分のための活動ではなく、直接的に他の人の力になれる活動がしたいと思い、應援指導部への入部を決めました。
應援指導部は、慶應義塾に広く貢献する団体として、體育會の応援、学校行事への参画、三田会での活動を中心に行っています。部員には何事にも本気で向き合い、本気で考える熱い人が多く、何年生になっても学びや発見があるのがこの應援指導部です。
その活動の中で最もやりがいを感じるのは、選手やお客様に「慶應で良かった」と思ってもらえる時です。観客席が一体となり、若き血や丘の上を歌って慶應義塾社中の繋がりを感じてもらえている、そうした体験が私の原動力となっています。
「応援」という活動は、勝敗があるものではないので、そこに難しさを感じる一方、無限の可能性があり、正解がないからこそ、時代に合った新しい応援の形を追求できることがその面白さです。多様性に富む部員が先導者となって現状に満足せず新しいものを創造していくことが求められているのです。
その実践においては、多角的な視点からえる力を養えた法学部での勉強が活きていると感じています。私は政治思想・政治哲学を専攻していますが、人の考え方は多様で正解がないことを学び、抽象的で難しいことであっても、日々の活動や思考に生かされる機会が多いことを実感しています。
法学部は一回り大きい人間への成長を手助けしてくれるところだと思います。皆さんに多くの素敵な出会いがあり充実した学生生活を送れることを心から願っています。


ただいま研究中!

政治学科 Yさん


世界中の友人たちとの交流のなかで、異文化理解のためには、その根本にある宗教について知る必要があると感じていました。1,2年次、日吉では東アジア宗教文化概論という授業を履修し、文化のみならず国家の形成にまで影響を及ぼす宗教の重要性について学びました。3,4年次、三田では国際政治の研究会に所属するとともに、宗教に関してもさらに深く学びたいと考え、大久保先生の人文科学研究会を履修し、副専攻取得をめざすことにしました。授業では文献を講読しながら、宗教に関する知識や分析方法を身につけていきます。また、各自の問題意識にもとづいた研究発表を行います。私は日本人の死生観について関心があり、議論を通して理解を深めています。


ロースクールのススメ

法科大学院3 年(法律学科2019 年卒業)Oさん


裁判官、検察官、弁護士になるなんて勉強嫌いな自分には無理、そう思っていませんか?
勉強が大変なことは否定できませんが、慶應義塾大学ロースクールは日本最高峰の先生方の講義、卒業生の方々によるバックアップなどにより、司法試験合格のための自信を得られる場所です。大学4年間はサークル活動に浸かりきっていた私ですが、ロースクールでは同じ志を持つ仲間と司法試験に向け日々切磋琢磨に努めています。もちろん、おいしいスイーツを食べたり好きな音楽についておしゃべりをしたりと学生生活には楽しいこともたくさんありますよ。
法律の世界って面白いな、と思った時には、みなさんの将来の選択肢のひとつにロースクール進学を加えていただけると嬉しいです。


ESADEビジネススクール(スペイン)留学

Law× Business× Global

法律学科 Rさん


きっかけはライフセービング

高校2年次、1カ月間米国へ留学した経験があり、大学では長期留学をしたいと考えていました。大学入学を機に始めたライフセービングでの、ドローンを活用した監視実験への参加をきっかけに、「イノベーションを通じた社会貢献」を意識するようになりました。そこで、夢の実現のため、ビジネス科目を多く開講しているESADEビジネススクール(以下ESADE)を留学先に決めました。

ビジネススクールでの学び

ESADEはスペイン・バルセロナにある国際的評価の高いビジネススクールで、留学生の使用言語は英語です。その魅力は二つあります。それは、100カ国以上から優秀な学生を集め、様々なバックグラウンドを持つ人と交流できること、そして、授業の多くが少人数制で、ディスカッションやプレゼンテーションの機会も多いことです。グローバル人材として活躍するための基礎を身に着けられたと実感しています。また、先生や友人は、相談・質問をすれば何でも親身になってくれ、困りごともなく生活することができました。
授業後は、ESADEの友人達と、夕食に行ったり、FCバルセロナの本拠地カンプノウでサッカー観戦したり、週末には周辺国へ旅行もしました。地中海の港町バルセロナは気候温暖で人々も陽気で、恵まれた環境下で充実した生活を送ることができました。

新型コロナウイルスの波が

留学中、新型コロナウイルスの感染拡大により、渡航制限や夜間外出制限、全授業オンライン化など、様々な制限を受け、私も、緊急帰国することになりました。突然の帰国は残念でしたが、いつどこで何が起きるかわからないということを身をもって経験し、今を全力で生きようという強い気持ちが芽生えたことを前向きに捉えています。
法学部では、法律科目の探究を目的とした留学はもちろん、自身の夢を叶えるための留学を志すこともできます。私自身、留学を通して物事の見方・考え方が変わり、心身共に豊かな生活を送れるようになりました。皆さんも、少しでも留学に興味があれば、是非体験してみてください!


ジュネーブ大学(スイス)留学

自分の選択を前向きに

政治学科 Tさん


憧れを現実に

高校時代は剣道部の活動に打ち込んでいた私ですが、高校3年生の時、短期語学留学を経験しました。それまで留学に漠然とした興味はありましたが、この短期留学によって海外の学生達と切磋琢磨したいという思いがかき立てられました。
そして、日吉での学習がきっかけで日本での多文化共生社会の在り方について問題意識を持つようになり、留学へのチャレンジを決意しました。
ジュネーブ大学は特に国際色が強く、様々な人種や言語、価値観が入り混じる環境です。世界各国の有名な大学から留学に来る学生も多く、どの学生も何かに問題意識を持ち勉学に励んでいます。そんなジュネーブ大学は私の思いを実現するうえで最も適した大学でした。

いざジュネーブへ

留学当初は、言語や授業のレベル、一人暮らしなど不安だらけでした。案の定、授業での周りの学生のレベルは高く、グループディスカッションでは会話の輪に入れずに悔しい思いをしたこともありました。しかしそれらを乗り越えたときには自分自身の成長を実感することができました。
課外活動では剣道場に通い、現地の剣道家と交流をしていました。大会にも出場し、勉強とはまた違った形の交流はとても興味深いものでした。クリスマスには道場の先生が家に招待してくださり、美味しいラクレットをご馳走になったのは一番の思い出です。

パンデミックの最前線で

春学期に入ってすぐ、スイスでも新型コロナウイルスが流行しました。授業は全てオンラインに変わり、寮の近くのスーパーも品不足になるなど、帰国を余儀なくされてしまいました。帰国後は日本でも何かできることはないか、と考えジュネーブ大学のオンライン授業の履修を続けていました。オンラインでのディスカッションはなかなか慣れず、英語を聞き取るのが一段と大変でしたが、一つのいい経験でした。
留学は厳しいこともたくさんあり、また自分自身を劇的に変えてくれるものでもないと思います。しかし、留学で得た経験は日本では経験できないものです。慶應での4年間を充実させたものにするかどうかは自分自身です、ぜひ大学生活を充実させる一つの選択肢として留学を考えてみてください!


留学生入試 卒業生インタビュー

関西大学総合情報学部
准教授
宋 財泫 さん
(そん じぇひょん; SONG JAEHYUN)

大韓民国(ソウル)出身
政治学科 2012年卒業(2006 年入学)
神戸大学大学院法学研究科 2018 年修了

日本への留学を決めたのは高校2年生の時でしたが、そもそも大学へ進学するか専門学校に進学するかも決めていませんでした。慶應義塾の法学部をめざすようになったのは、高校卒業後の語学研修の時です。政治学分野では研究・教育両面において、慶應義塾が日本を代表する大学の一つであることはすぐにわかりました。
法学部政治学科の魅力は学びの幅広さだと思います。私も今は大学の教壇に立っており、いくつかの大学で教えてきましたが、ここまでカリキュラムが充実した大学は日本では非常に限られています。
中でも私が最も力を入れたのはデータ分析(統計情報処理など)の授業でした。当時はデータサイエンスのブームが到来する前だったこともあり、少人数の授業でした。ゼミに所属していなかった私にとっては、先生からきめ細かな指導を頂く貴重な場でした。統計学の政治学への応用は今となっては私の専門です。現在も政治データ分析やデータサイエンスを教えており、当時の先生方とは今は仲間として研究を進めております。