教員紹介

学部長からのメッセージ

慶應義塾大学法学部へようこそ!

岩谷 十郎

人類はその集団的な存在性を全うするために、長い歴史の中に様々な叡智を蓄積してきました。グローバリゼーションの現代は、社会や国家といった集団の役割や機能が大きく変化する時期にありますが、その一方で、だからこそ"社交(会)的動物"としての人間の本性に根差す根本的な"問いかけ"が必要となりましょう。大学で学ぶ意義はそこにあると思います。
法は社会や国家組織のまさに骨格部分ですが、時の政治権力によって生み出されます。法学は、制度の中に生きる個人の自由の実現や、人権の所在を確認し、さらに流動化する国際情勢の中で、せめぎ合う価値観の調整をめざします。政治学は、総合的な視点から時代の価値理念を背景とした具体的な政策の立案設計やその評価を探求します。英語で政治家(議員)のことを"Lawmaker(法の作り手)"と言いますが、その言葉には両学科を備えるわが法学部で学ぶ意義が集約されているようです。
大学は、みなさんが自らの夢や希望をもって入学するならば、すばらしい出会いと発見に満ちた時間となりましょう。わたしたち法学部スタッフは、好奇心に溢れたみなさんがたゆまず学び、語り、そして交友・交際の輪を拡げられてゆくことをお手伝いしたく思っています。


法学部長 岩谷 十郎