法学部の国際交流

Political Institutions Workshop with John Carey

 選挙制度研究や議会政治の研究で著名なジョン・キャリー教授 (ダートマス大学政治学部長)をお招きし、2015年3月21日(土) に三田キャンパスにて研究会を実施しました。キャリー教授の東京への招聘には文部科学省「スーパーグローバル大学」の支援を得ています。研究会では、ダートマス大学の堀内勇作准教授による司会のもと、キャリー教授の最近のご研究の報告の他、日本で活躍する若手の政治学研究者からの研究報告をしていただきました。報告者の氏名およびタイトルは以下のとおりです。

John Carey* & Yusaku Horiuchi (Dartmouth College)
Compulsory Voting and Income Inequality

Masaaki Higashijima* & Eric Chang (Michigan State University)
The Choice of Electoral Systems in Dictatorships

Marisa Kellam* (Waseda University) & Cecilia Martinez-Gallardo (University
of North Carolina)
Winning Coalitions in Presidential Systems: Pre-Electoral Alliances and Post-Electoral Governments in Latin America

Juan Pablo Micozzi (ITAM) & Hirokazu Kikuchi* (IDE-JETRO)
Partianship, Ambition, and Roll-Call Behavior in the Argentine House and Senate

Masashi Higuchi* & Takeshi Iida* (Doshisha University)
The Bargaining Power of a Non-leading Party in a Coalition Government: Why Did
Komeito Accept the Exercise of the Right to Collective Self-Defense So Quickly?

(*は当日の報告者です)

s_s-Carey_Pol Inst Workshop2.jpgs_s-Carey Pol Inst Workshop1.jpg