法学部の国際交流

Gender and Politics Workshop with Lisa Baldez

 ジェンダー政治の研究で著名なリサ・バルデス教授 (ダートマス大学)をお招きし、2015年3月21日(土) に三田キャンパスにて研究会を実施しました。バルデス教授の東京への招聘は文部科学省「スーパーグローバル大学」の支援を得てのものです。研究会では、法政大学の衛藤幹子教授による司会のもと、バルデス教授の最近の著作であるDefying Convention: U.S. Resistance to the UN Treaty on Women's Rights (Cambridge University Press)に基づくご報告をいただいたほか、日本および韓国で活躍する若手のジェンダー政治研究者3名から研究報告をしていただきました。また、東京大学のジャッキー・スティール教授、京都大学の辻由紀教授には報告に対するコメンテーターを務めていただきました。報告者の氏名およびタイトルは以下のとおりです。
Lisa Baldez (Dartmouth College)
How the UN Women's Rights Treaty Works: Process, Not Policy
Kimiko Osawa (Yonsei University)
Traditional Gender Norms and Women's Political Participation: How Conservative
Women Engage in Political Activism in Japan
Phoebe Holdgruen (German Institute for Japanese Studies/ co-authored with Barbara Holthus, University of Vienna)
Gender and Political Participation in Post-3/11 Japan
Naoko Oki (Ochanomizu University)
Women and Political Party Candidate Recruitment in Local Assemblies in Japan

s_Baldez_Gender Workshop.JPG