法学部の国際交流

慶應義塾大学法学部主催2014秋のブラジル法実務講演会(全2回)の開催報告

 2014年10月21日(火)および24日(金)の2回にわたり、慶應義塾大学法学部とサンパウロ大学法学部の学術交流協定に基づき、2014秋のブラジル法実務講演会が行われた。
 当初10月14日に予定されていたレオポルド・パゴット先生による第1回講演会は、台風19号の影響により中止の決定がなされたが、コメンテーターの田村次朗法学部教授(独禁法)と田村ゼミ所属学生の協力により、24日に延期して開催することができた。
tamra&pagotto1.jpgtamra_zemi.jpg  第2回の二宮正人先生による講演会は、大石裕法学部長の開会挨拶の後、司会を池田真朗法学部教授、コメンテーターを内藤恵法学部教授(労働法)がそれぞれ務め、会場は満席となり、大盛況のうちに終了した。
1_large.jpg
2_large.jpg (法学部 前田美千代、薮本将典、工藤敏隆)