学位取得のプロセス

修士課程

1年生

4月
入学

2年生

4月
進級
11月
修士論文題目提出
1月
修士論文提出
2月
修士学位審査

終了 (修士学位取得)

終了要件
■修士課程に2年以上在籍 (最長4年まで)
■民事・公法32単位以上、政治30単位以上の授業科目を修得
■修士論文の審査および最終試験に合格
※早期終了制度(在籍1年での終了が可能)あり。詳細は研究科にお問い合わせください。

学位 (修士) 授与数 [2014年4月1日現在 ( ) 内は女子で内数]

法学 公共政策 ジャーナリズム
2011年度 45 (19) 5 (1) 0 (0)
2012年度 49 (22) 7 (2) 2 (1)
2013年度 52 (22) 6 (3) 2 (2)

後期博士課程

1年生

4月
入学
6月
研究計画書提出

2〜3年生

論文を学術誌雑誌等に発表し、研究科委員会の審査・合格判定 (最低2論文が必要)
毎年6月・1月 合同論文指導 研究発表会
博士論文の提出
博士論文受理
博士学位審査

課程博士学位取得

終了要件
■後期修士課程に3年以上在籍 (最長6年まで)
■各学年4単位、計12単位以上を修得
■修士論文の審査および最終試験に合格

学位 (博士) 授与数 [2014年4月1日現在 ( ) 内は女子で内数]

法学
2011年度 12 (3)
2012年度 14 (4)
2013年度 12 (6)

研究・教育の最先端より