卒業後の進路

就職

法学部の卒業生は様々な分野に就職しています。学生時代に徹底的に学んだ経験と大きく広げた視野は、自らの将来の選択肢を多く持つことにつながっています。

卒業後に活躍している主な分野

■一般企業

会社は、国内・海外での営業、人事・労務・法務、金融、経理など様々な職種の融合体です。どの職種でも共通して求められるのは状況の理解、分析、行動、コミュニケーションの能力です。法学部で用意されている多彩な科目、自ら問いを見つけて解決に導く学び、充実した外国語学習はどの職種でも活きてきます。
『「大学生活が充実していた」と答えた人の7割以上が希望した進路に就いているというデータもあるんですよ。』―就職課

■弁護士・検事

訴訟、調停、法律相談などの一般民事事件、日本企業の海外進出をサポートする企業法務など、法律が必要とされる場面は拡大・深化し、質の高い法律家が求められています。
慶應義塾のロースクールは司法試験合格者数上位の実績があり、卒業生は法律事務所、企業内、グローバルな領域でそれぞれ力を発揮しています。
ロースクールに入学するには入試に合格する必要がありますが、法学部の教授陣はロースクールの教授を兼ねる場合もあり、学部生の時からゼミなどで法的な思考を身につけることができます。

■国家公務員

公務員もアイデアと行動力が勝負の時代。自ら求めれば精一杯応えてくれる法学部の教育環境で培われる、物事を批判的に考える力、問題点を意識して自分の中で練り込み表現する力は官僚としての強いベースとなります。

■国際公務員

国と国との関係であっても、つきつめると人と人の結びつきで動いています。法学部で培った、血の通ったあるべき人間社会を描きだす構想力は、どの国の人にもアピールすることでしょう。

■ジャーナリスト、アナウンサー

"なんでもあり"の法学部。幅広いジャンルで興味にまかせて選んだ科目が現場で全てつながってきます。
慶應義塾には新聞、放送、通信社、出版、広告などのマス・メディア業界に就職を希望する学生のための機関「メディア・コミュニケーション研究所」が設置されており、入所試験に合格すると通常の授業とは別に専門的な研究を行うことができます。

法学部2014年度 上位就職先企業

注)人数は2015年4月30日現在の原則として本人からの届出に基づく。( )内は女子で内数。

法学部法律学科

順位会社名人数
1みずほフィナンシャルグループ27 (10)
2三井住友銀行14 (5)
3三菱東京UFJ銀行11 (6)
4東京海上日動火災保険10 (8)
5東京都9 (4)
6ソフトバンクグループ8 (0)
6三菱商事8 (3)
8日本航空7 (4)
8丸紅7 (2)
8三井物産7 (3)
11損害保険ジャパン日本興亜6 (1)
11三井住友海上火災保険6 (3)
13日本アイ・ビー・エム5 (2)
13野村證券5 (2)
15伊藤忠商事4 (0)
15SMBC日興証券4 (1)
15厚生労働省4 (3)
15商工組合中央金庫4 (1)
15大和証券4 (2)
15東レ4 (1)
15西村あさひ法律事務所4 (4)
15日本銀行4 (2)
15日本政策投資銀行4 (1)
15農林中央金庫4 (3)
15りそなグループ4 (2)

法学部政治学科

順位会社名人数
1みずほフィナンシャルグループ19 (9)
2三菱東京UFJ銀行16 (5)
3東京海上日動火災保険14 (6)
3三菱商事14 (5)
5エヌ・ティ・ティ・データ8 (5)
5三井住友信託銀行8 (6)
7住友商事7 (4)
8丸紅6 (2)
8三井住友銀行6 (2)
8明治安田生命保険6 (1)
11第一生命保険5 (1)
11東京都5 (3)
11三井住友海上火災保険5 (3)
11りそなグループ5 (3)
15キヤノン4 (1)
15電通4 (0)
15日本電気4 (1)
15東日本電信電話4 (2)
15三井物産4 (2)
15三菱UFJ信託銀行4 (1)
15三菱UFJモルガン・スタンレー証券4 (3)

法学部 国家公務員試験合格者の主な入省先(2014年度)

注)人数は2015年4月30日現在の原則として本人からの届出に基づく。


警察庁(2人)
防衛省(3人)
法務省(2人)
農林水産省(1人)
経済産業省(1人)
厚生労働省(4人)
総務省(2人)
国土交通省(3人)

慶應義塾のサポート体制

就職に向けた活動は一般的には大学3年生の秋~冬ごろから始まります。就職活動は、自分自身を見つめながら将来を見据える貴重な機会です。慶應義塾では主に就職・進路支援担当が学生の就活をサポートし、「最も就職に強い大学」のひとつといわれるほど、毎年、高い実績を残しています。

就職までの流れ

就職活動はおおむね次のような流れで行われます。

3年秋〜冬 ・ガイダンスに積極的に参加する
・内定した4年生から体験談を聞く
3年冬〜春 ・OB・OG訪問をする
・就職情報会社へ登録する
・資料請求をする
・会社説明会に参加する
4年春〜夏 ・履歴書・エントリーシートを書く
・筆記試験を受ける
・定期健康診断を受ける
・面接
・内定
4年秋〜春 ・秋採用、冬採用にチャレンジする
※2015年度卒業生の就職活動の流れです。

慶應義塾のサポート体制

1. 就職・進路相談
各キャンパス就職・進路担当部署が、就職・進路全般に関する相談に応じています。就職活動、公務員試験受験準備など、進路選択全般について相談できます。

2. 情報提供
企業から届く求人票、企業情報、企業説明会案内など、多数の情報を閲覧することができます。また、OB・OG 訪問のための卒業生のコンタクト先をデータベースなどで見られるほか、内定者による就職活動体験記録も貴重な情報源となっています。

3. 学内就職・進路ガイダンス
就職活動や進路選択の上で一般的におさえておきたい入門セミナーをはじめ、就職活動の進め方、履歴書の書き方、面接対策、塾員(卒業生)による座談会、内定者(4年生)による座談会、エコノミストによる業界説明会など複数のセミナーを開催しています。

進学

大学卒業後に裁判官・検察官・弁護士などの法曹をめざす場合や、法律に関するより高度な専門教育を受けたい場合には、大学院に法務研究科(ロースクール)と法学研究科を備え、進学をサポートしています。

大学院 法務研究科(法科大学院)

〈概要〉
急速に進むグローバル化に対応する国際性、柔軟な法的思考力と歴史的視点をふまえた学際性、そして、実務家教員の指導による先端性。この3つが教育理念の柱です。具体的には、法学未修者コース1年次で集中的に基礎的な法的素養を身につけ、2年次、3年次で応用的な法的思考力を養成し、各自の専門性に磨きをかけます。

〈カリキュラム〉
必修科目
「法律基本科目」と「法律実務基礎科目」から編成される必修科目群は、新司法試験において重要視されると考えられ、法曹としても必須の法律知識を養う科目群です。法律的な基礎力と応用力を磨くために、独自のオリジナル教材を開発しています。

選択科目
基本的な法律知識を徹底的に身につける必修科目群に加え、多彩な広がりと専門的な深みを兼ね備えた選択科目群です。基礎法学・隣接科目のほか、8つの領域(公法系、民事系、刑事系、社会法系、国際系、学際系、外国法基礎系グローバル系)で多彩な専門科目を展開しています。

ワークショップ・プログラム
必修科目群と選択科目群の頂点に位置づけられる「ワークショップ・プログラム(WP)」では、企業法務、金融法務、渉外法務、知的財産法務などの各分野の第一線で活躍する実務家教員と、先端研究を行っている研究者教員の指導のもと、実践的かつ総合的な教育を受けることができます。

〈専門職学位課程〉
入学定員:230名[法学未修者コース(3年制)約70名、法学既修者コース(2年制)約160名]
専攻:法務

〈進路〉
修了後は、司法試験、司法修習を経て、裁判官・検察官・弁護士として活躍することになります。


2015年司法試験の法科大学院別合格者

合格者数上位5校
受験者 (人)合格者 (人)
中央475170
慶應義塾347158
東京305149
早稲田471145
京都240128
合格率上位5校
合格率 (%)
一橋55.6
京都53.3
東京48.9
神戸48.3
慶應義塾45.5
※予備試験合格者は除く

大学院 法学研究科

〈概要〉
新しい時代にふさわしい大学院の拡充と研究指導体制をめざし、改革に取り組んでいます。例えば専攻に関係なく履修できるプロジェクト科目、高度の知的スペシャリストを養成するための専修ユニットという構想のもと、関連する他研究科の設置科目を履修できるシステムなどを課程に組み込みました。民事法学専攻・公法学専攻では、法理論だけでなく実務的能力の養成、研究者をめざす者に必須の基礎法学的素養を身につけるなどのカリキュラムを実施。政治学専攻では、多角的な授業体制で専門領域の深化を図っています。なお、2009年には政治学専攻修士課程に「公共政策」と「ジャーナリズム」の専修コースを、2012年には公法学専攻修士課程に「宇宙法」専修コースを新たに設置しました。

〈修士課程〉
入学定員:150名
専攻:民事法学、公法学、政治学

〈後期博士課程〉
入学定員:30名
専攻:修士課程と同じ

〈進路〉
修士課程を修了した学生の多くは、一般企業に就職しています。民事法学専攻・公法学専攻の学生は企業の法務部門、政治学専攻の学生はジャーナリストなどの職種に就職する傾向も見られます。また、後期博士課程を修了した学生は、大学教員や研究者のほか、各種研究機関の職員や国際公務員になる者もいます。

高校生のための 慶應義塾大学法学部 大阪模擬講義 2016