塾生インタビュー

 

HOME > 塾生インタビュー > 法学部の語学って? > 使える語学力を身につける

使える語学力を身につける

b_narita.jpg

政治学科2年 成田(なりた)さん
北海道立札幌西高等学校出身

大学からのスタートで話せるように

私は将来、国際機関で働きたいと思っているので、必然的に3カ国語が必要になってきます。英語は何とかなるとして、もう一つはフランス語にしようと決めました。学ぶからにはしっかり使えるようにしたいと思っていたので、事前に知っていたインテンシブコースを選びました。フランス語を勉強し始めたのは大学に入ってからですが、不安はありませんでした。インテンシブは20人ほどの少人数で週4回。生徒同士も仲よくなるし、先生方とも親しくなれます。日本人の先生からは文法や読解を学び、ネイティブの先生からは使えるフランス語を学びました。

毎回小さなグループで寸劇を発表することを繰り返していて、人前でフランス語を使う体験をさせてもらえたことは大きな財産です。フランス語でプレゼンテーションをする授業もありました。

短期留学後に上達を実感

2年生の夏にホームステイをしてフランスの語学学校に留学しました。インテンシブでしっかり文法を固めて読めるようにはなっていたのですが、耳も慣らさなきゃと思って行ってきました。帰ってきてからは、ネイティブの先生と話したいという気持ちが湧きでてきて、自分から話をしに行きました。そうしたら、先生にも「すごく変わった」と言ってもらえて。インテンシブできちんと勉強して行ったから身についたのだと感じています。


book_narita.jpg

成田さんのおすすめ★★★

『Hot, Flat, and Crowded』Thomas L, Friedman

サブプライムローンのこともすごくわかりやすく書いてあります。今の時代を「〜後」と考えるよりも新しい時代だととらえなければいけない、意識改革が必要だというメッセージが書かれていて影響を受けました。