塾生インタビュー

 

HOME > 塾生インタビュー > 1年生の生活は? > 目的をもってFIT入試にトライ

目的をもってFIT入試にトライ

b_manabe.jpg

政治学科1年 真鍋(まなべ)さん
白百合学園高等学校出身

楽しく臨めたグループディスカッション

法学部にはさまざまな入試制度がありますが、私はFIT入試(AO入試)で受験しました。一次試験は書類審査、二次試験はグループディスカッションと教授の前でのプレゼンテーション、実際に講義を受けた内容について論じる講義理解力テストがありました。グループディスカッションで議論することは、緊張もしましたが、それ以上に楽しい経験でした。

講義を通して興味の幅を広げたい

FIT入試では、「どうして政治学科に入りたいのか」と志望動機をしっかり聞かれます。私は、「将来、主に医療問題を扱うジャーナリストになりたいから」と答えました。医療問題を行政的な視点から見る力を養いたいと考え、政治学科で学ぼうと思ったのです。なぜ医療問題に興味を持ったかというと、父方と母方の祖父がそれぞれ東京の病院と地方の病院に入院していた時期があり、両方へお見舞いに行くうちに、東京と地方の医療格差を肌で感じたことがきっかけでした。入学して1年が過ぎたいまは、講義を通して医療以外にも視野を広げていきたいと考えています。


真鍋さんの時間割

第1時限 経済原論 憲法 物理
第2時限 地域研究基礎 経済原論 フランス語 憲法 物理
第3時限 日本政治基礎 英語 フランス語
第4時限 倫理 地域文化論(フランス) 英語
第5時限 国際政治基礎
book_manabe.jpg

真鍋さんのおすすめ★★★

『ポートレイト』ユンディ・リ

幼稚園のころからピアノを習っていて、慶應義塾大学でもピアノのサークルに入りました。ユンディ・リの演奏が好きです。このアルバムに入っているリストの「リゴレット・パラフレーズ」は、いつか弾いてみたい曲です。