教員紹介

添谷 芳秀 教授(国際政治学、アジア太平洋の国際関係、日本外交)

名前 添谷 芳秀 (そえや よしひで)
職位教授
略歴学部: 上智大学外国語学部英語学科(1979年卒業)
大学院:米国ミシガン大学大学院政治学専攻博士課程(1987年国際政治学 ph.d.)
専攻領域国際政治学、アジア太平洋の国際関係、日本外交
担当学科目東アジアの国際関係I・II、東アジアの国際関係特殊研究、研究会、国際政治論、日本の外交
所属学会・団体日本国際政治学会、日本平和学会、アジア政経学会、米国アジア学会、IISS(ロンドン)
ホームページhttp://www.clb.law.mita.keio.ac.jp/soeya/
研究業績ほか詳細http://k-ris.keio.ac.jp/Profiles/62/0006107/profile.html

「戦後憲法の公布と日米安全保障条約の締結はどちらが先か」。年号を暗記している受験生ならみなさん正解でしょう。では、「戦後憲法と日米安全保障条約が逆の順番で成立することは有り得なかった、それはなぜか」。それが理解できてはじめて、どちらが先かという質問への本質的な解答が得られることになります。そのためには、日本外交が国際政治の一部であることを体系的に理解する必要があります。異なった外交論議に触れるたびに自分の見解が揺れる......大学での勉強は、みなさんをそんな状態から確実に脱皮させます。