教員紹介

片山 善博 教授(地方自治、地方財政、地方税)

名前片山 善博 (かたやま よしひろ)
職位教授
略歴学部: 東京大学法学部(1974年卒業)
大学院:
専攻領域地方自治、地方財政、地方税
担当学科目地方自治論、研究会
所属学会・団体資産評価政策学会
ホームページhttp://www.clb.law.mita.keio.ac.jp/tottorisakyu/
研究業績ほか詳細http://k-ris.keio.ac.jp/Profiles/133/0013232/profile.html

地方自治は「民主主義の学校」だと言われます。国民にとって身近な自治体において民主主義が実践されることが、憲法の国民主権を実現することにつながるはずです。ところが、その地方自治の現場で民主主義の仕組みがうまく作動し、住民にとって満足度の高い自治行政が展開しているかといえば、必ずしもそうではありません。そこでは、議会、選挙、マスコミ、住民の政治参画機会、透明性と説明責任など、民主主義を構成する主体や制度のあり方が問われます。これらをともに学び、わが国の民主政治を支える人材として育ってほしいと願っています。