政治学科

 

HOME > 政治学科 > ゼミ紹介 > 塩原良和研究会

塩原良和研究会

【社会学・国際社会学】

img4.jpg

社会学・社会変動論(国際社会学)を学ぶ学生が参加している研究会です。授業ではグローバル化に伴う社会・文化・自己の変容に関連する多くの文献を読み、自分の研究テーマを選んで2年間かけて卒業論文を執筆します。また、教室のなかで学んだ知識をもとに大学外で実践を行い、そこから得られた経験によって社会の変化に対する深い思考を得ることを目指します。学生たちは現在、東京近郊に住む外国につながる子どもたちとのつながりと対話のなかから日本社会における多文化共生(多文化主義)の可能性と課題を模索し、映像などのかたちでそれを広く伝えていく実践を行っています。