2013年のニュース

法学部・朝日新聞社共催ジャーナリズム・シンポジウム「フクシマとオリンピック―メ ディアをどう考えるか」が開催されました。

2013年10月31日 23:00

2013年10月31日、北館ホールにて法学部・朝日新聞社共催ジャーナリズム・シンポジウムを開催しました。「フクシマとオリンピック--メディアをどう考えるか」と題し、上丸洋一・朝日新聞編集委員と塾生代表・大澤薫君(経3)が発題、その後のパネル・ディスカッションには山腰修三・メディア・コミュニケーション研究所准教授、塾生・宮田杏奈君(政3)が加わり、議論を繰り広げました。



上丸さんは、時空的遮断をはかる政治の動きに抗して、「われらの問題」として「フクシマとオリンピック」を考える必要性を訴えました。忘却装置になるオリンピックなるイベントの威力を、フクシマと連動させることで記憶の装置に変換するのがメディアと市民の責任である点も確認しました。大澤君は、シンポジウム実行委員会に関わるなかで、受動的になりがちな読者・市民としての自分の弱さと自己矛盾という反省から、「追いついて、飛び込む」勇気をみつけた、と発題しました。

パネル・ディスカッションでは、山腰さんから、国策がジャーナリズムと世論を通して社会的価値となり、社会全体の目標となることによって生じる問題についての指摘があり、「復興の物語」として原発事故とオリンピックが語られることで、社会的価値がつくられつつある現状への批判的視点と精神の重要性が強調されました。宮田君からは、オリンピック招致が決定した前後の新聞報道を通して、メディアの自己矛盾と情報ギャップの存在に疑問を呈する発言がありました。

なお今回のシンポジウムは、今年度より法学部で開始した朝日新聞寄附講座の延長でした。シンポジウム実行委員会には寄附講座を受講した6名の学生が参加して、シンポジウムの開催に尽力してくれました。

講演者

上丸洋一氏
1955年岐阜県生まれ。1978年朝日新聞社入社。東京学芸部次長、オピニオン編集長、『論座』編集長などを経て2007年から編集委員。言論・ジャーナリズムを担当。著書に、『原発とメディア−新聞ジャーナリズム2度目の敗北』(朝日新聞出版、2012年)、『原発とメディア2−3・11責任のありか』(共著、朝日新聞出版、2013年)、『『諸君!』『正論』の研究−保守言論はどう変容してきたか』(岩波書店、2011年)など。

パネル・ディスカッション(第二部)

パネリスト

上丸洋一氏(朝日新聞編集委員)
山腰修三氏(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所)
大澤薫君(経3)、宮田杏奈君(政3)
山本信人(慶應義塾大学法学部・司会)

平成25年度 文部科学省《卓越した大学院拠点形成支援補助金》による
研究員(非常勤)(RA)追加募集要項

2013年10月 4日 09:00

慶應義塾大学大学院法学研究科および社会学研究科社会学専攻は下記の要領で研究員(非常勤)(RA)を追加募集します。
なお、この研究員制度は平成25年に文部科学省の《卓越した大学院拠点形成支援補助金》によって選定された慶應義塾大学大学院法学研究科、社会学研究科社会学専攻が募集するもので、博士課程の学生が学修研究に専念し、世界で活躍できる研究者を輩出する環境を整備することを目的とするものです。
1.職 位:慶應義塾大学大学院法学研究科、もしくは社会学研究科 研究員(非常勤)(RA)
2.任 務:自身の研究活動および研究科が実施する研究教育活動への積極的参加。
任期終了時に「研究成果実績報告書」の提出が求められます
(提出のない場合は次年度以降の応募資格を失います)。
3.任用期間:平成25年11月1日~平成26年3月31日(5ヶ月間)
4.待 遇:慶應義塾の規程による(週勤務日数 1日(7時間)ないしは2日(10時間)、2日(14時間))
応募者の昨年度の研究実績に応じて、選考委員会が査定します。
退職一時金および期末手当、扶養家族手当、住宅補助手当、通勤交通費補助等の諸手当については支給されません。また授業料の免除もありません。
5.任用条件:以下の条件を満たし、かつ常勤職に就いていない者(※1)(※2)
慶應義塾大学大学院法学研究科、ないし社会学研究科社会学専攻後期博士課程に在籍している者。ただし、休学および留学している者は除く。
(※1) 義塾での週労働時間が28時間を超えない限り助教(有期・研究奨励)やTA等他の就労業務と兼任可能です。
(※2) 塾内外の各種助成制度(奨学金等)で助成を受けている者も応募できます。ただし、制度によっては併給を禁止ないし一定額以上の併給を禁止しているものがありますので注意して下さい。
6.募集人員:約10名
7.応募締切:平成25年10月18日(金)必着
8.提出書類:
(1)研究員応募申請書(所定用紙①
(2)履歴書(所定用紙②
(3)研究計画書(所定用紙③
(4)指導教授の推薦状
(5)業績リスト(A4判)
(6)主要業績の要約(A4判2枚以内)

用紙をダウンロードできない場合は、三田キャンパス学生部法学研究科窓口で直接受け取ってください。
9.提出先:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学大学院 法学研究科担当
封筒表面に「研究員応募書類在中」と朱書きし、書留で送付して下さい。
10.選考方法:書類選考のみ
11.選考結果:審査結果を郵送で通知します。

なお、不明な点は学生部法学研究科担当まで書面もしくはメールでお問い合わせください。                                           以 上

(国際セミナー)フランシス・フクヤマ講演会 The Beginning and the End of History

2013年9月26日 14:10
以下の要領でフランシス・フクヤマの講演会を開催いたします。ふるってご参加ください。

 国際セミナー:フランシス・フクヤマ講演会

平成25年司法試験で慶應義塾大学ロースクールが合格者数、合格率ともに第1位

2013年9月17日 09:00

2013年司法試験の法科大学院別合格者

合格者数上位5校
受験者 (人)合格者 (人)
慶應義塾354201
東京357197
早稲田479184
中央442177
京都246129
合格率上位5校
合格率 (%)
慶應義塾56.78
東京55.18
一橋54.47
京都52.44
愛知42.86

平成25年度 文部科学省《卓越した大学院拠点形成支援補助金》による
研究員(非常勤)(RA)募集要項

2013年9月 6日 18:07

慶應義塾大学大学院法学研究科および社会学研究科社会学専攻は下記の要領で研究員(非常勤)(RA)を募集します。
なお、この研究員制度は平成25年に文部科学省の《卓越した大学院拠点形成支援補助金》によって選定された慶應義塾大学大学院法学研究科、社会学研究科社会学専攻が募集するもので、博士課程の学生が学修研究に専念し、世界で活躍できる研究者を輩出する環境を整備することを目的とするものです。
1.職 位:慶應義塾大学大学院法学研究科、もしくは社会学研究科 研究員(非常勤)(RA)
2.任 務:自身の研究活動および研究科が実施する研究教育活動への積極的参加。
任期終了時に「研究成果実績報告書」の提出が求められます
(提出のない場合は次年度以降の応募資格を失います)。
3.任用期間:平成25年10月1日~平成26年3月31日(半年間)
4.待 遇:慶應義塾の規程による(週勤務日数 1日(7時間)ないしは2日(10時間)、2日(14時間))
応募者の昨年度の研究実績に応じて、選考委員会が査定します。
退職一時金および期末手当、扶養家族手当、住宅補助手当、通勤交通費補助等の諸手当については支給されません。また授業料の免除もありません。
5.任用条件:以下の条件を満たし、かつ常勤職に就いていない者(※1)(※2)
慶應義塾大学大学院法学研究科、ないし社会学研究科社会学専攻後期博士課程に在籍している者。ただし、休学および留学している者は除く。
(※1) 義塾での週労働時間が28時間を超えない限り助教(有期・研究奨励)やTA等他の就労業務と兼任可能です。
(※2) 塾内外の各種助成制度(奨学金等)で助成を受けている者も応募できます。ただし、制度によっては併給を禁止ないし一定額以上の併給を禁止しているものがありますので注意して下さい。
6.募集人員:約40名
7.応募締切:平成25年9月20日(金)必着
8.提出書類:
(1)研究員応募申請書(所定用紙①
(2)履歴書(所定用紙②
(3)研究計画書(所定用紙③
(4)指導教授の推薦状
(5)業績リスト(A4判)
(6)主要業績の要約(A4判2枚以内)

用紙をダウンロードできない場合は、三田キャンパス学生部法学研究科窓口で直接受け取ってください。
9.提出先:〒108-8345 東京都港区三田2-15-45 慶應義塾大学大学院 法学研究科担当
封筒表面に「研究員応募書類在中」と朱書きし、書留で送付して下さい。
10.選考方法:書類選考のみ
11.選考結果:審査結果を郵送で通知します。

なお、不明な点は学生部法学研究科担当まで書面もしくはメールでお問い合わせください。                                           以 上

塾内進学予定者対象「法学部模擬授業2013」のご案内

2013年8月 2日 08:39
日時:2013年8月28日(水)13:00~17:00(受付開始時間は12:30です)
集合場所:三田キャンパス西校舎ホール

プログラム
(1) 13:00〜13:20 開講式<西校舎ホール>
  法学部長・大石裕
  日吉主任・武藤浩史

(2) 13:40~14:40 卒業生による講演会(西校舎2教室使用)
  ・法律学科講演会
  ・政治学科講演会

(3) 15:00~15:50 模擬授業 第1部(西校舎3教室使用)
  ・小山 剛 「違憲と合憲――審査基準について考える」
  ・増山 幹高 「政治って必要?」
  ・大出 敦 「サムライとゲイシャ――フランス人による日本表象」

(4) 16:10~17:00 模擬授業 第2部(西校舎3教室使用)
  ・佐藤 拓磨 「交通事故と刑法」
  ・岡山 裕 「同性婚をめぐる政治から考えるアメリカの『自由』」
  ・熊野谷 葉子 「マトリョーシカの100年――社会と文化の入れ子を開ける」

※模擬授業のタイトルは、当日までに変更される可能性があります。

☆ この模擬授業は慶應義塾の一貫教育校(高校)の生徒(3年生)が対象です。
☆ 参加申込書はそれぞれの所属する高校の定める方法により提出してください。
☆ 当日は西校舎ホール前で各高校別に受付を済ませてから参加してください。
☆ 交通アクセス、キャンパスマップは、こちらをご覧ください。
http://www.keio.ac.jp/ja/access/mita.html
☆ 前日・当日の問い合わせ先は次のとおりです。それまでは各高校の事務室に問い合わせてください。
・ 03-5427-1113 / 03-5427-1557

阿川佐和子さん講演会

2013年7月11日 12:16
去る6月27日(木)午後四時半より南校舎ホールにて、本塾大学のOGでエッセイストとしてご活躍中の阿川佐和子さんの講演会が開催されました。

agawa1.jpg この講演会は法学研究科政治思想研究プロジェクト(研究代表:萩原能久教授)の主催によるもので、昨年一月に刊行され、大ベストセラーとなった阿川佐和子さんの『聞く力』を中心に興味深いお話をうかがうことができました。
大学卒業後の阿川さんのこれまでのキャスターやインタビュアーとしての、決して平板ではなかったご活躍ぶりを振り返りつつ、ユーモアを交えて、本当の意味でのコミュニケーション力とは、単に発信することだけではなく、相手が発信してきたものをしっかり受けとめることであるとのアドバイスを後輩である塾生たちにいただきました。
agawa2.jpg
「聞く」ことにも多大なエネルギーが必要で、自分の話をおもしろいと思って聞いてくれているかどうかはおのずと態度に出るし、相手にすぐわかることなので、相手の気持ちを受けとめて自分の立ち位置をきめることが大切だとのお話でした。 agawa3.jpg
撮影:石戸 晋

2013年度 ベルリン・フンボルト大学派遣留学生 募集要項

2013年4月 3日 15:06
慶應義塾大学法学部および大学院法学研究科・法務研究科は、ベルリン・フンボルト大学との交流協定に基づき、2013年度(秋学期~)の派遣留学生(若干名)の選考を行います。

 希望者は、下記の要領で出願してください。

  1. 募集人員:若干名
  2. 応募締切:2013年5月8日(水)16:45
  3. 提出書類:
    (1)ベルリン・フンボルト大学派遣留学生応募申請書(所定用紙①)
    (2)履歴書(所定用紙②)
    (3)留学期間中の研究計画書(所定用紙③)※指導教授のサインと押印が必要です

    以上各1部。
    用紙をダウンロードできない場合は、学生部法学部・法学研究科窓口で直接受け取ってください。

  4. 提出先:学生部法学部・法学研究科・法務研究科担当窓口(窓口開室時間:平日8:45-16:45)
  5. 選考方法:面接
           5月9日(木)12:15-  学生部法学部・法学研究科窓口集合
  6. 選考結果:5月13日(月)9:00に、法学部掲示板および法学研究科・法務研究科掲示板に掲示します。
ご不明な点は、学生部法学部・法学研究科・法務研究科担当窓口までお問い合わせください。

以 上

国際シンポジウム 日本・ブラジル 消費者法の現状と展望

2013年3月27日 19:59
日時:2013年4月2日(火)
場所:三田キャンパス北館3F大会議室
主催 慶應義塾大学法学部・サンパウロ大学法学部

総合司会 池田真朗(慶應義塾大学)
   コーディネーター兼通訳 前田美千代(慶應義塾大学)、二宮正人(サンパウロ大学)
   使用言語 日本語・ポルトガル語(相互通訳付き)

開会式(10時)
開会挨拶:池田真朗(法学部教授兼法科大学院教授、民法・金融法)

午前の部(10時05分~12時30分)
〔講演1〕カズオ・ワタナベ(サンパウロ大教授・元同州最高裁判所判事)
「ブラジル消費者法の概要とその改正法案」  通訳込50分

〔講演2〕ニュートン・ヂ・ルッカ(サンパウロ大教授・第三区連邦控訴裁判所長官)
「ブラジル消費者法の現状と電子商取引に関する考察」 通訳込50分 

〔インターバル・ミニ講演〕キヨシ・ハラダ(元日伯比較法学会会長・弁護士)
「消費者法における法の抵触と私法の調和的傾向」  通訳込20分

〔講演3〕二宮正人(サンパウロ大教授・弁護士)
「大学間の学術交流を通じた日伯比較法学の発展と今後の課題」 通訳込20分

昼食・休憩

午後の部(13時40分~)
<民法パネル>(13時40分~15時55分) 各報告は通訳込40分、質疑5分
〔報告1〕 アントニオ・カルロス・モラート(サンパウロ大教授・弁護士)
「ブラジル消費者法における消費者の弱者性概念とデジタル・デバイド」

〔報告2〕鹿野菜穂子(法科大学院教授、民法・消費者法)
「消費者の実体的権利の拡充に向けて―日本における民法および消費者契約法の改正論議」

〔報告3〕前田美千代(法学部准教授、ラテンアメリカ法)
「電子商取引に関するブラジル消費者保護法典改正法案とわが国の消費者法改正課題の比較分析」

ディスカッサント:薮本将典(法学部准教授、西洋法制史・法文化論)
フロアからの質問(約15分)

休憩(10分)

<民事訴訟法パネル>(16時10分~17時10分) 報告40分,ディスカッション20分
〔報告4〕三木浩一(法学部教授兼法科大学院教授、民事訴訟法)
「日本型クラスアクションの立法について」

同席コメンテーター:カズオ・ワタナベ教授
ディスカッサント:工藤敏隆(法学部専任講師、民事訴訟法)、ブラジル訪問団の裁判官・弁護士(予定)

閉会式(17時10分~)
挨拶・清家篤(慶應義塾長)
閉会挨拶・ディプロム授与:大石裕(法学部長)
(17時30分終了予定)

(終了後、ファカルティークラブにて懇親会(18時~))

fadusp.jpg
*懇親会(一般参加者:お一人様6000円)以外はどなたでもご自由に参加できます。

本国際シンポジウムに関するお問い合わせは池田真朗ikeda@law.keio.ac.jp、ないしは前田美千代 maeda@law.keio.ac.jpまでお願いします。(@を半角に変えてご連絡下さい。)

大学院法学研究で平成25年度助教(有期・研究奨励)を公募

2013年1月28日 18:07

慶應義塾大学大学院法学研究科では助教(有期・研究奨励)を公募いたします。

詳細は公募ページをご覧ください。
応募締め切りは2013年 2月12日(火)必着です。