法律学科

法律学科で学ぶこと

法律学科は、法律家を育てることだけを目指しているのではありません。司法・行政・ビジネスの現場で、また、日常の生活の中で必要とされる、社会現象を法律的にとらえる能力=リーガルマインドを育てることを目標としています。そのため、はじめに憲法、民法、刑法を学んで、しっかりと基礎固めをしてから、基幹科目、展開科目へと、それぞれの興味関心に応じて専門性を深めてゆくカリキュラムになっています。基幹科目・展開科目では、国際取引法、知的財産法、環境法など社会的に注目されている新しい法現象に対応した科目を積極的に開講しています。法律学は決して一握りの専門家にしか理解できないものではありません。個別の問題に向き合い、人間社会のあるべき姿を描き出すための手段なのです。

1,2年生で学ぶ科目

法律の基礎

専門分野での基礎づくりと、人文科学、自然科学、外国語など幅広い知識を身につけます。

憲法、民法、刑法をしっかり学んで基礎固めをします。
国際社会で活躍できる法律家を育てる授業も開講しています。



●憲法、民法、刑法
●法の基礎、国際化と法、法学情報処理、法律外国語演習、法学演習 など

共通科目

外国語/外国語インテンシブ

多彩な言語と教授陣を擁する「日吉の語学」で、世界の多様性に向けて扉を開きます。

英語、ドイツ語、フランス語、中国語、朝鮮語、スペイン語、ロシア語。

人文科学

人間の思考と表現を探究することは新しい社会を形成していく大きなヒントになります。

言語学、地域文化論、文学、歴史、科学史、論理学、倫理学、宗教学、哲学、音楽、漢文、美術、人文科学論、人文科学研究会、人文総合講座など。

社会科学

社会科学を広く学ぶことにより法律学・政治学が取り組むべき社会的課題を浮き彫りにします。

法律学科:社会学、地理学、経済学、政治学、近代思想史など。
政治学科:社会学、憲法、民法、経済原論、経済政策、財政論など。

自然科学

仮説を立て、実験から真理を導き出す自然科学の手法と知識は法律学・政治学を含む様々な学問の基礎になります。

物理学、化学、生物学、基礎数学、心理学、基礎統計学、自然科学特論、自然科学研究会など。

数学・統計・情報処理

法律学・政治学の研究にも統計や情報処理の技術が必要とされる場面が多くあります。

数学、統計学、情報処理、情報処理特論、統計情報処理など。

3,4年生で学ぶ科目

3・4年生は三田キャンパスで学びます。自然科学系は副専攻として、外国語はインテンシブコースで、継続して学ぶことができます。

法律の基礎科目から展開科目へ

より広く、より奥深い法律学の世界が待っています。
興味関心に応じて、将来の進路を意識して、さまざまな法律学を学ぶことができます。



会社法、有価証券法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法、労働法、経済法、国際法、国際私法、租税法、保険法、倒産法、社会保障法、刑事政策、国際経済法、国際取引法、国際宇宙法、外国法、知的財産法、環境法、医事法、法制史 など

研究会(ゼミ)

研究会(ゼミ)は、3・4年生の2年間、同じ担当教員のもとで行われる少人数の授業です。1・2年生を対象とした「演習」を発展させ、より専門的な研究を深めることが可能です。研究会は必修授業ではありませんが、法学部の専任教員が担当し、少人数でより深く専門領域を研究します。

憲法 小山剛ゼミ/駒村圭吾ゼミ
民法・知的財産法
・国際私法
犬伏由子ゼミ/北澤安紀ゼミ/武川幸嗣ゼミ/田髙寛貴ゼミ/君嶋祐子ゼミ/水津太郎ゼミ
刑事法 太田達也ゼミ/フィリップ・オステンゼミ/亀井源太郎ゼミ/佐藤拓磨ゼミ
商法 山本爲三郎ゼミ/鈴木千佳子ゼミ/杉田貴洋ゼミ
民事訴訟法 工藤敏隆ゼミ
行政法 青木淳一ゼミ
租税法 吉村典久ゼミ
社会法 田村次朗ゼミ/内藤恵ゼミ
国際法 大森正仁ゼミ/尹仁河ゼミ
外国法 西川理恵子ゼミ/前田美千代ゼミ
法制史 岩谷十郎ゼミ/薮本将典ゼミ

副専攻

法学部では広範な知識の獲得や教養の育成を目的として、外国語科目、人文科学科目、自然科学科目など多くの科目を設置しています。とはいえ、知識や教養も体系的構築があってはじめて総合的視野の形成に至ることは言うまでもありません。例えば「地域文化論」がIからIVまであるといった具合に、知識を積み上げながら体系的に学習できるシステムになっています。さらに、3・4年次用に「人文科学研究会」「自然科学研究会」を設置し、1・2年次で学習してきた人文科学や自然科学の領域を継続して深められるようにしています。
そして、4年間体系的に学習してきた領域について一定の成果をおさめた場合「副専攻」として認定し、卒業時に「法学部副専攻認定証」を授与します。