法学部の国際交流

日本ブラジル国際シンポジウム2016開催報告

慶應義塾大学法学部は、2016年11月12日(土)、国民生活センターとの共催で「日本ブラジル国際シンポジウム2016」を開催しました。このシンポジウムは、1981年に締結されたサンパウロ大学法学部との学術交流協定に基づくイベントであり、最近では、2015年8月にサンパウロ大学で開催され、サンパウロ大学と慶應義塾大学との間で包括交流協定も調印されました。2014年5月に設立された日本ブラジル法律・文化協会の支援の下、活発な交流が続いています。

 今回のシンポジウムでは、2016年10月1日から施行された消費者裁判手続特例法を受けて、「ブラジルにおける集団訴訟制度を通じた消費者被害救済と抑止手法の現況」をテーマに、ブラジルの集団訴訟制度創設に関わった専門家や集団訴訟実務に携わる判事・検事による講演に続いて、日本の有識者を交えディベートが行われました。会場は満席で大変な賑わいとなり、好評のうちに無事終了しました。

開会挨拶
慶應義塾大学法学部長
岩谷十郎 先生

開会挨拶
独立行政法人国民生活
センター理事長
松本恒雄 先生

大会趣旨・構成説明
慶應義塾大学法学部准教授
前田美千代 先生

総合司会
慶應義塾大学法学部准教授
薮本将典 先生

ディスカッション
慶應義塾大学法学部准教授 工藤敏隆先生
慶應義塾大学大学院法務研究科教授 三木浩一先生
慶應義塾大学大学院法務研究科教授 鹿野菜穂子先生

講演1
サンパウロ大学法学部教授
アダ・ペレグリーニ・
グリノーヴェル 先生

講演2
サンパウロ州高裁判事、
サンパウロ大学法学部教授
カルロス・アルベルト・
デ・サーリス 先生

講演3
ブラジル連邦検事、
パラナ連邦大学法学部教授
セルジオ・クルス・
アレンハールト 先生

講演4
サンパウロ州弁護士
ツヨシ・オーハラ 先生

講演 5
サンパウロ州弁護士
マリオ・マサノリ・
イワミズ 先生

講演 6
サンパウロ州元高裁判事、
サンパウロ大学法学部教授
カズオ・ワタナベ 先生

撮影:日本ブラジル法律・文化協会