【終了】高校生のための 慶應義塾大学法学部 大阪模擬講義 2016

終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。

oosaka1.jpg

趣旨

高校生・保護者のみな様に向け、慶應義塾大学法学部の教授陣が講義の一部をわかりやすくご紹介します。
法律を勉強したい! 政治学ってどんな学問なの? 法学部ってなにを学ぶところなの?
興味のある人も初めて興味を持つ人も大歓迎!
現代社会すべてにつながる慶應義塾大学法学部の多様な授業を体験してみませんか。


講義

5月22日(日) 午前の部[11:00〜13:00](開場10:00)

山本 信人 先生

国際関係とは何か
国際関係とは何でしょうか。
国家間関係が国際関係の基本であるとしても、私たちも国際関係の一部を構成しています。
本講義では、摩訶不思議な国際関係を「論」として学問的に捉え、国際関係を体験する場としてみたいと考えています。

5月22日(日) 午後の部[14:00〜16:00](開場13:00)

三瓶 愼一 先生

現代ドイツの苦悩―ベルリーンの壁からシリア難民まで
欧州統合の前途に影を落とすギリシャの財政危機や、内戦やテロで生じた多くの難民への対応はヨーロッパの抱える緊急課題です。
その対応に中心的な役割を担うドイツ。冷戦の最前線だった東西ドイツが統合してから四半世紀の歩みを振り返ってみましょう。

5月29日(日) 午前の部[11:00〜13:00](開場10:00)

太田 昭子 先生

幕末維新史へのいざない ―岩倉使節団を中心に―
歴史を学ぶことは、過去から連なる現在を、そしてその先の未来を展望することでもあります。たとえば幕末維新史を通して、私たちは何を見出すことができるでしょうか。
明治初期に世界各国を歴訪した岩倉使節団を中心に、歴史を学ぶ魅力について考えてみましょう。

5月29日(日) 午後の部[14:00〜16:00](開場13:00)

岩谷 十郎 先生[法学部長]

法と正義の"カタチ"
みなさんは"法"や"正義"を図で描きなさい、と言われたらどのような形と色で示しますか?
そもそもそのようなことが可能なのでしょうか?
この授業では、図像学的な方法を用いて、みなさんに法や法学への関心を持って頂きたいと思います。

6月5日(日) 午前の部[11:00〜13:00](開場10:00)

烏谷 昌幸 先生

メディア社会のジャーナリズム
今日私たちは多様なメディアに囲まれ、ニュースの消費やSNSを介した話題の共有に多くの時間を費やしています。
講義では、こうしたメディア社会の中で報道機関がどのような政治的役割を果たしているのかを、「リアリティ」というキーワードを手がかりに読み解いていきます。

6月5日(日) 午後の部[14:00〜16:00](開場13:00)

大濱 しのぶ 先生

紛争の多様化と裁判の実現
裁判では勝ったものの、相手が裁判に従わないとき、どうしたらよいのでしょう?
この講義では、環境保全に関する紛争や離婚の際の子をめぐる紛争を例に―紛争が多様化する現代社会における―裁判の実現を図る方法について、間接強制と呼ばれる方法を中心に考えてみます。

開催場所

慶應大阪シティキャンパス
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル (北館タワー C10階)。JR大阪駅から徒歩5分、阪急梅田駅から徒歩6分。


対象

主として関西地区にお住まいの高校生、および保護者の方。


受講料

無料


定員

各講義70名


問い合わせ先

慶應義塾大学法学部大阪模擬講義2016係
TEL:03-5427-1869
メールアドレス:keio-hou*adst.keio.ac.jp
(「*」の部分を「@」に変えてから送信してください。)
事務取扱時間:月〜金曜日 8:45〜16:45


申込み方法

終了しました。たくさんのご参加ありがとうございました。