留学制度

 

HOME > 留学制度 > 国際交流

国際交流

慶應義塾大学では3種類の留学を認めています。①交換協定にもとづく留学、②奨学金による留学(慶應義塾が適当と認めた研究教育機関)、③私費留学。あらかじめ「国外留学申請書」を提出し、教授会か研究科委員会で最終的に教育上必要と認められた「留学」の場合は、義塾における在学期間に算入(1年間を限度とする)されたり、海外の大学での履修単位の認定を受けられたりする場合もあります。また、法学部では夏休み後からの留学を容易にするため、半期授業(セメスター制)を導入しています。こうして、トータル4年間で卒業することも可能です。

慶應義塾派遣交換留学制度協定校・期間(2009年2月現在)

※下図の指定校・機関とは、毎年名以上の学生を交互に交換しています。

worldmap.jpg

■ 慶應から世界へ 2007年度塾生の国別留学先(私費留学も含む)

合計185名

アメリカ合衆国63名/フランス41名/英国18名/中国14名/ドイツ8名/カナダ7名/韓国5名/オランダ4名/スウェーデン3名/ノルウェー3名/シンガポール2名/台湾2名/トルコ2名/エジプト2名/オーストラリア2名/インドネシア1名/コロンビア1名/メキシコ1名/アイルランド1名/イタリア1名/オーストラリア1名/スイス1名/フィンランド1名/ベルギー1名

■留学費用について

交換留学の場合、授業料は慶應義塾大学に納め、派遣先の大学での授業料は免除になります。また、渡航費の一部が大学から補助され、派遣先の大学や日本学生支援機構(JASSO)の奨学金が支給される場合もあります。

■短期研修について

春季・夏季休業中に海外で短期研修を実施しています(国際センター主催)。外国語による講義およびディスカッションのほか、大学内の寮生活など多彩な活動を通して異文化交流を体験できます。

留学者
インタビュー

 
tegawa.jpg
法律学科4年 手川真理子さん
イスラーム圏への興味からトルコへ留学
nakaso.jpg
政治学科4年 中祖晴香さん
だれとでも交渉できる自信がついたフランス留学