法学部の概要

学部長からのメッセージ

好奇心に溢れた学びと出会いの場を

岩谷 十郎

このパンフレットの中には、法学部を知るための沢山の“情報”が詰め込まれています。法学部で法律学や政治学を学ぶといっても、これまで高校でしてきた勉強とずいぶん内容や学び方が異なると思って、ちょっと緊張している人もいるかもしれません。でも大丈夫。未知の世界に進むとき人は誰しもそうなります。
またパンフレットには沢山の“人”が出てきます。それは、すでに学び始めている先輩であったり、みなさんを待つ先生であったり、また、もう社会に出て活躍している卒業生の人たちだったりです。法学部での学びは、こうした沢山の人との豊かな関わりのなかに成り立っています。
大学は、みなさんが自分の夢や希望をもって入学するならば、すばらしい出会いと発見に満ちた時間となりましょう。わたしたち法学部スタッフは、好奇心に溢れたみなさんがたゆまず学び、語り、そして交友・交際の輪を拡げられてゆくことをお手伝いしたく思っています。


法学部長 岩谷 十郎

法はすべてにつながっています

社会で起きている事象は、国内・海外ともに毎日の新聞・テレビのニュースで知ることができます。自分の日常とは直接関係のないように思える出来事も、実は必ずどこかで関連しています。これからの日本を担うみなさんは、一人ひとりが自分で考え、社会の一員として行動していかなければなりません。法律学・政治学を学ぶということは、たえず自身の個性を研ぎ澄ませながら、それらを考える力を培っていくことにつながるのです。


法学部を支える3つの柱

慶應義塾大学法学部は、法律を専門に学ぶ法律学科と、政治を専門に学ぶ政治学科の二つの学科にわかれています。
法律と政治はそれぞれ連携して社会を形作っています。
法律学科では法律を中心に政治も学び、政治学科では政治を中心に法律も学びます。
また、社会のルールを作るには、法律・政治のことだけがわかっていればいいわけではありません。
歴史などを学ぶ人文科学、科学技術などを理解する自然科学、そして、世界で活躍するには外国語の習得も必要です。
これらの科目を有機的に結び付けて、法学部では、インターナショナルな舞台で活躍できる「スペシャリスト」兼「ジェネラリスト」を育成します。


法律学 政治学 人文科学 外国語 自然科学

法学部4年間の学びのステップ

法学部独自の多彩な講義から興味に合わせて選択します。
日々一つ一つ取り組むことで4年後には総合的な力が身につくのです。

日吉キャンパスと三田キャンパス

日吉キャンパス

hiyoshi.jpg

法学部の1・2年生は日吉キャンパスで学びます。敷地面積10万坪の広いキャンパスは開放感に溢れ7学部の1・2年生と3研究科の大学院生が塾生生活を送っています。
〒223-8521
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
お問い合わせ電話番号はこちら

東急東横線、横浜市営地下線グリーンライン
「日吉」駅下車(徒歩1分)

三田キャンパス

mita.jpg

歴史と伝統が刻まれた三田キャンパスでは、3・4年生が学びます。国の重要文化財である三田演説館や赤レンガの図書館旧館は、アカデミックな雰囲気を漂わせています。
〒108-8345
東京都港区三田2-15-45
お問い合わせ電話番号はこちら

JR山手線・京浜東北線「田町」駅下車(徒歩5分)
都営地下鉄浅草線・三田線「三田」駅下車(徒歩7分)
都営地下鉄大江戸線「赤羽橋」駅下車(徒歩8分)

日吉主任よりメッセージ

教養を身につけた未来への先導者

武藤 浩史

物事は視点を変えるといろいろな側面を現します。例えば、乗馬に用いる鞍の曲面は前から見ると山形ですが、横からは谷形に見えますね。こんな多面性が物事にはあるのです。「事実は小説より奇なり」というように、想像もしないような側面が隠れている場合もあります。
これから諸君が出会う様々な問題を解決しようとするとき、「木を見て森を見ず」では最善の解が見出せません。物事の多面性を十分理解して総合的に考える必要があります。このような知性や思考力がいわゆる教養です。教養を身に着ければ、より自由な心の持ち主になることができます。
法学部の新入生が入学後にまず通う日吉キャンパスでは、外国語、人文科学、自然科学を通して、才気と個性あふれる教員が学生の教養を育んでいます。そして教員も学生から学び成長する「半学半教」の気風があります。諸君には教養を身につけた未来への先導者となることを期待しています。私たちといっしょに学問し、学ぶ楽しみと考える喜びを体験しましょう!


法学部教授 法学部日吉主任 下村 裕